禁煙 眠気 いつまで 期間

禁煙の禁断症状である眠気はいつまでの期間続くのか

スポンサーリンク

これまで喫煙習慣があった人が禁煙を行い始めると、禁断症状がでます。
この禁断症状はいくつかのものがありますが、眠気やめまいなどがあります。
禁煙による禁断症状の眠気やめまいがはいつまで続くのでしょうか。
一般的に、この禁断症状の期間を乗り越えることが出来れば、比較的スムーズに禁煙をすることが出来ると言われています。
一般的に禁断症状が続く期間としては、3週間がピークであると言われています。
この3週間という期間はあくまでも目安であり、いつまで禁断症状が続くのかは、個人差があります。
人によっては、2〜3日程度という人もいるでしょうし、3週間以上続くということもあります。
禁煙は、終わることはありませんので、不安に感じる人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

タバコの禁断症状としては、イライラする・落ち着かない・ウツ傾向になる・だるさを感じるなどがあります。
強く出る症状についても個人差があります。
禁断症状であるイライラ感や眠気などは、ある程度の期間で感じなくなることが多いようです。
しかし、注意しなければならないのは、タバコを吸いたいという気持ちが無くなるというわけでは無いということです。
禁断症状を軽減させる方法としては、禁煙補助剤を使用するという方法があります。
これは、禁断症状の原因となるニコチンを一定濃度供給することにより、禁断症状を緩和させることが出来るというものです。
効果については、個人差がありますが、禁断症状が辛いという場合には利用しても良いでしょう。

スポンサーリンク