禁煙 1ヶ月 肌

禁煙1ヶ月後に現れり肌の変化

スポンサーリンク

煙草は癌、脳卒中、心筋梗塞等の発症率を高める事がしられていますが、美容面にも大きく悪影響を与えます。
煙草に含まれているニコチンが体内に入る事で、血管が収縮して血行が悪くなり上手く新陳代謝を行う事が出来なくなります。
更に体内のビタミンCを破壊してしまう為にビタミンCが不足します。
この新陳代謝の妨害とビタミンCの不足と言うのは肌に大きな悪影響を及ぼしシミ、シワ、たるみ、かさつき、くすみの原因となります。
そして喫煙者と非喫煙者の顔には明らかな違いが見られる場合があります。
喫煙者は肌にハリが無く全体的に顔の色がくすんだ様な印象があり、この様な状態をスモーカーフェイスとも呼びます。
長年にかけて喫煙を続ける事で肌の老化を早めてしまうのです。

スポンサーリンク

禁煙を行うと様々な変化が体に現れます。
その変化に多いのが、ご飯が美味しくなる、体が軽く感じられる、肌が綺麗になった等です。
そしてこの変化は、禁煙を行ってから1ヶ月程で感じられる事が多い様です。
特に女性の場合毎日メイクを行う為に鏡と向き合う時間が長い為禁煙後の肌の変化に気付きやすくなります。
禁煙を行ってから1ヶ月程経過するとツヤやハリが生まれ化粧のりが良くなります。
そして顔全体のくすみが徐々に改善され顔色が健康的な状態に戻ります。
これは禁煙をする事により血流が良くなり新陳代謝が元に戻る為です。
そして今までニコチンによって破壊されていた必要な栄養素が体内に上手く吸収できる様になったからだと考えられます。

スポンサーリンク