禁煙 半年 体調不良

禁煙は体調不良を起こす人もいますが半年頑張ってみましょう

スポンサーリンク

喫煙者が様々な理由によって禁煙を始めるのは良い事ですが、そこで避けて通れないのが体調不良です。
喫煙者の全ての人が、禁煙する時に体調不良になるわけではないですが、タバコを急に吸わなくなる事でストレスがたまります。
もちろん、ストレスを感じる事で体調不良になる可能性も出てきます。
禁煙をする事で、様々な体調不良が良くなると考えている人が多いですが、すぐに体調が改善されるわけではなく、体調が改善する前に身体のあらゆる場所に悪影響が出てしまう人もいるのです。
これをタバコを止めた後の離脱症状と言いますが、一般的な離脱症状として、眠気やめまい、イライラしたり落ち着かないなどです。
全く出ない人も稀にいますが、出るのが一般的です。

スポンサーリンク

タバコを止める事で体調が悪くなると考えている人は少ないので、離脱症状がでると焦るかもしれませんが、禁断症状なので心配いらないです。
喫煙で体に体内に入ったニコチンは、3日くらいで体の外へ抜けると言われています。
離脱症状も1ヶ月くらいで軽くなるので、体調も徐々に治っていきます。
ただ、離脱症状が半年以上や続いてる場合は、他に異常が出てる可能性が考えられます。
通常の離脱症状は、半年も長く続く事はないのです。
?タバコを止めて体調不良を感じると、禁煙は意味のない事と諦めてしまう人もいます。
でも、タバコを吸いたいというストレスが無くなる方が、本当の健康な身体が手に入るのです。
苦しいのは今だけと、禁煙を続けましょう。

スポンサーリンク