禁煙 半年 体重

半年以上の禁煙者は体重の増加に注意

スポンサーリンク

タバコを吸う人がなかなか止めようとしないのはニコチンと呼ばれる中毒症状を引き起こす成分によるものです。
もしも喫煙者が決心をして禁煙を覚悟し、様々な誘惑に耐えてその状態を半年間続けた場合はどうなるでしょうか。
最近では禁煙者を応援する商品などもあり、昔と比べて無理をせずに行えるようになりつつあります。
実際にどのような効果が表れるのかを簡単に説明します。
主にのどのイガイガが消えた、ご飯がおいしくなったなどのすぐに実感できるものの他に、肌荒れがなくなった、寝起きが良くなったなどの健康面の効果もあります。
半年以上も禁煙を続けることができた場合、喫煙前の元の健康な身体を取り戻すことができる上に、タバコを吸った時に出る煙で周りの人に迷惑をかけることもなくなります。

スポンサーリンク

禁煙することは素晴らしいことですが、ここで注意が必要です。
実は喫煙者はタバコの影響で体重が減少する傾向があります。
タバコを止めることで喫煙によって乱れた味覚が元に戻るため、食べ物をおいしいと感じる傾向が強くなります。
そのため食欲旺盛となり喫煙前より食べる量が多くなったことで、結果体重が増えて肥満体系になる場合も十分に考えられます。
ちなみに味覚機能の回復は食べ物だけでなく飲み物にも影響します。
特にタバコを止めた影響でお酒に手を伸ばす人も少なくないでしょう。
禁煙を半年以上続けることは並大抵の努力ではない人もいると思います。
しかし続けることでタバコに掛かる出費をなくすことができ、さらには健康な身体を取り戻すこともできるといった経済的にも健康的にも嬉しいことがあります。
しかし無理に止めようとするのではなく、無理せずに我慢できる状態を保つことが大切です。

スポンサーリンク