禁煙 体質 変化

禁煙と体質の変化について

スポンサーリンク

オフィス・飲食店・道路・駅など、さまざまな場所で禁煙や分煙がすすめられています。
たばこによる体への害やリスクを、数多くの人々が考え始めたという形とも言えます。
実際に体へ与える害はとても大きく、肺ガンや心筋梗塞などの原因に喫煙は大きく影響を及ぼしています。
禁煙が体にとって重要なことだと頭ではわかっていても、なかなかたばこをやめることができない人はたくさんいます。
禁煙ができない人の中には、体質の変化を気にする人がいます。
たばこをやめることで、どのような体の変化が起きるのかを知ることで、本人だけでなく周囲の関わり方も変わってくるのではないでしょうか。
禁煙は家族や同僚など、身近な人達の協力が必要なのです。

スポンサーリンク

まずたばこをやめることによって、プラスの作用とマイナスな作用がでてきます。
プラスの点はやはり、ごはんがいつもよりもおいしく感じることができることです。
たばこに含まれるニコチンが味覚にも影響を与えていることがわかります。
また、呼吸が楽になったと感じる人もいます。
マイナスな点は、ニコチンが与えるもう一つの影響にあります。
ニコチンには依存性があり、依存性が高い人ほどニコチンが体内から減っていくことで不快な症状を引き起こすことがあります。
極度のイライラや焦燥感に悩まされたり、不眠や無気力に陥る人もいます。
これらは一時的なものですが、それに耐えられずに禁煙が失敗してしまうことも少なくありません。
それを乗り越えればさらにプラスとなる体質の変化に繋げることができます。

スポンサーリンク