妊娠中 禁煙 できない

妊娠中に禁煙ができないことで後々問題になることも

スポンサーリンク

妊娠中のタバコは、お腹の赤ちゃんにトラブルを起こしてしまう物です。
タバコは常用性の高い物ですが、禁煙できないではなくやらなければならない事なのです。
赤ちゃんのトラブルは様々で、乳幼児突然死症候群と言う症状が出たり、流産や早産なども禁煙できない妊婦に起こってしまいます。
妊娠中は特に、出産時の出血に備えて血液が固まりやすくなっていたり、つわりで嘔吐すると水分不足のため血液が濃くなっているので、血管が詰まりやすいのです。
お腹にいる赤ちゃんは、お母さんの血液から胎盤を通して栄養を取り込むので、タバコのニコチンで血管が収縮してしまうと、血液の流れが妨げられてしまうので、赤ちゃんが栄養不足になってしまいます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが栄養不足になってしまう事で、低体重で産まれてきてしまいます。
産み月で低体重と言う事もあれば、早産で早く産まれたために低体重になってしまうのです。
産まれてくる我が子を母親の都合でトラブルを起こしてしまう前に、禁煙しましょう。
どうしても禁煙できないなら、自分が喫煙する時間に何か他の行動をしてみると良いでしょう。
喫煙したくなったら、皿を洗ったり風呂に入ったりすれば、吸いたくても吸えないです。
口寂しくなったら、飴を舐めたりパイプを吸ったりして、気を紛らわせましょう。
どうしても辛いという我慢の時間はほんの一時です。
何をしても我慢できずに買いに行ってしまうのなら、禁煙外来の病院に行くのが一番良いです。

スポンサーリンク