禁煙 頭痛 眠気

禁煙をすることで頭痛や眠気を感じる理由とは

スポンサーリンク

タバコを長い間吸っているという場合、心身ともにニコチンに依存していることが多いようです。
そのため、急にニコチンが体内に供給されなくなると、禁断症状が起こることがあります。
禁煙をすることで、頭痛や眠気、イライラ感を感じるようになるのは、このニコチンの禁断症状によるものです。
禁煙を決意しても、なかなか行うことが出来ない理由の一つに、この禁断症状があると言われています。
禁断症状を感じる期間については、個人差がありますが、症状については2〜3日間でピークを迎え、時間の経過とともに徐々に消失すると言われています。
しかし、場合によっては1週間以上症状が続く場合もあります。
もし、いつまでも症状が続くようであれば、病気が隠れていることもありますので、医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

禁断症状で眠気や体のだるさを感じた場合には、軽い運動を行い、十分な休息を取るように心掛けましょう。
また、頭痛がするという場合には、寝る時に足を頭よりも高くするようにして寝ると、症状が緩和されることがあります。
禁煙の禁断症状として、イライラして落ち着かないということがあります。
ついついタバコに手を伸ばしてしまいたくなりますが、散歩をしたり、音楽を聞くなど、他のことに集中するようにしましょう。
眠気や頭痛などの禁断症状が少なくなっても、タバコを吸いたいという気持ちが無くなるまでには時間がかかります。
タバコを吸うことと結びつくような行動パターンを変えるように心掛け、お酒の席などは控えるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク