禁煙ガム 副作用 注意

禁煙ガムの使用における副作用の注意点について

スポンサーリンク

喫煙率は昭和40年以降のピーク時に比べ、男女共に大きく減少傾向にあります。
飲食店や駅などでは分煙対策がなされ、喫煙スペース自体が設けられていない店舗の数も増えています。
この現象の背景には喫煙の害が世間に広く認知され、禁煙する方が増えていることを意味します。
昨今の禁煙ブームにより、禁煙グッズや禁煙外来といった商品やサービスも充実してきています。
禁煙グッズにおいては禁煙ガムや電子タバコ、パッチといった様々な商品が年々改良、発売されていますので、消費者は自分にあったグッズを選択して禁煙に取り組むことができます。
しかし、いずれのグッズも用法、用量をしっかりと守り使用することが重要になります。
使い方を間違ってしまうと副作用が起こってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

「禁煙ガム」はガムの中に微量のニコチンが含まれているガムです。
禁煙ガムの使用目的は、喫煙欲求が起こった時に喫煙をする代わりに、禁煙ガムを噛むことによって喫煙欲求を満たしながら、徐々に消費するガムの量を減らし、最終的に禁煙ガムの使用をやめることで禁煙につなげることです。
しかしガムの使用方法に注意をしなければ、思わぬ副作用が起こることもあります。
のどの痛みがでたり、吐き気や下痢、かゆみといった身体的な症状が起こることがあります。
また、ガム自体に依存してしまい、使用目処を過ぎてもガムの使用をやめられないといった心理的な問題もあります。
ですので、商品の説明書の意味をよく理解し、適切に使用することが重要になります。

スポンサーリンク