禁煙 太る 期間

禁煙後に太る期間は一時的?

スポンサーリンク

喫煙者が禁煙をした後に太る人は少なくないのが現状です。
その原因として、味覚や嗅覚の正常化・血流の増加に伴い胃や腸が活発になることなどがあげられています。
喫煙は、味らいと呼ばれる舌にある器官の機能を低下させ、味を感じさせなく作用があります。
煙により味らいだけでなく、嗅覚の働きも低下させます。
煙草を止めると、両者とも徐々に回復していきます。
胃や腸の活動の低下は、ニコチンが原因で血管の収縮が発生していたからです。
胃腸の活発や味覚障害の解消は、食欲増進につながるため食べ過ぎてしまう傾向にあります。
また口寂しさを紛らわすため、間食をつい摂ってしまうことも珍しくないです。
太ってしまわないよう対策が必要となります。

スポンサーリンク

禁煙直後に太るのは個人差があるものの、2・3キロの増加が一般的です。
体重が増加しやすい期間は一時的とされています。
この期間内に行うべきこととして、1日3食はきちんと摂り間食は極力控えるようにします。
口寂しさ対策として、カロリーの低いもの又はゼロのガムを噛んだり電子煙草を使用すると良いです。
食品として発酵食品を積極的に摂るようにし、食事の際はよく噛んで食べるよう心掛けます。
水分補給も効果的で、1日に2リットルを目安に補給をします。
運動することも大事で、禁煙後ということもあり初めは軽めに行うのが望ましいです。
継続して運動をすることで、禁煙によるイライラ解消や体内の脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

スポンサーリンク