禁煙 一ヶ月 効果

禁煙を一ヶ月続けることの効果

スポンサーリンク

禁煙をしてから一ヶ月ほど経つころには、今まで常態化していた食事や休憩時間などにたばこを手に取る習慣が薄れてきます。
しかし、長年積み重ねてきた喫煙によるストレス解消は身体や脳がはっきりと快感を覚えているので、意識的に遠ざけるような努力が必要です。
たばこの匂いを感じるようなところへ行かないことやたばこを買うことができるところに出向かないなどの対策を行います。
一ヶ月の禁煙は、続けられることもできますが何かのきっかけで後戻りすることもできるターニングポイントです。
特に、一ヶ月も禁煙ができたことへの達成感が本来の目的から逸脱して自信過剰になり、いつでもやめられることが証明できたからなどと理由づけして来月から再び始めようなどと自分に甘くなってしまう期間でもあります。

スポンサーリンク

禁煙を一ヶ月続けることができると身体が軽くなってきます。
目に見える効果としては、息切れが少なくなります。
階段の昇降時や重いものを持ったときをはじめ走ったときなどに今まで感じていたような息苦しさが激減します。
それほど喫煙は身体に負担がかかっていたのです。
また、喫煙は体温を下げるといわれていますが血行が良くなることも挙げられます。
少しずつではありますが、効果を実感できるようになるころです。
ライフスタイルにおいても喫煙時間を別のことに充てられるので有効な時間の使い方ができるようになります。
たばこを吸うための時間を作ることがなくなり、何かの作業をするのにも集中するので、効率が格段にあがります。
禁煙の効果は健康を高めるだけでななく、日常生活にも好影響を与えます。

スポンサーリンク