禁煙 イライラ ピーク

禁煙によるイライラと禁断症状のピーク

スポンサーリンク

近年、健康のことを考えて、長年の喫煙習慣と決別する人が増えています。
喫煙習慣が少なからず健康に害になることは、実体験がなくても、喫煙と健康被害との因果関係を認識するに十分な情報や実績があります。
例えば、厚生労働省は、喫煙者の平均寿命が非喫煙者よりも8年から10年も短くなるというデータを発表し、タバコの怖さをビデオなどの媒体で訴えています。
また、喫煙者本人だけでなく、喫煙者と同居する家族などに影響を与えることも知られています。
つまり、タバコをやめることは、本人のみならず、家族の健康にもプラスであることは間違いありません。
このような背景から、禁煙を始める人が増えました。
これは、高齢者だけでなく、若い世代にも広がっています。

スポンサーリンク

禁煙を始めると、様々な症状が現れ始めます。
これは禁断症状であり、個人差はあります。
例えば、喫煙習慣のある時は、何気なく口に入れていたタバコがなくなり、イライラし始めます。
そのイライラを解消するために、ガムやスナック菓子等を口に入れることで紛らわそうとします。
また、禁煙を開始して1週間程度で軽い頭痛を訴える人もいます。
長年の習慣が変わったために起きる症状ですが、これは通常、3、4日で解消されます。
体内から蓄積されたニコチンが消え始めるこの頃が禁断症状のピークです。
しかし、ピークを越えても、禁断症状は続きます。
体内のニコチンがなくなる頃、常に空腹感に苛まれて、何かを食べたい衝動に駆られることがあります。
これは、多くの場合は空腹であると錯覚しているのですが、我慢しきれずに何かを食べてしまい、結果的に太る人もいます。
過ごしてきた喫煙習慣が長ければ長いほど、禁断症状は長くなりますが、それでも禁煙を開始して2ヶ月前後で禁断症状は治まります。

スポンサーリンク