禁煙 好転反応 期間

禁煙による好転反応の期間

スポンサーリンク

禁煙を始めて暫くすると体や精神面に様々な不調が現れる事が分かっています。
身体的な不調では強い眠気、食欲不振、肌荒れ、便秘、下痢等ですが、精神的な不調ではイライラ、落ちつかない、不安感等です。
そして禁煙してから現れるこれらの症状を好転反応と呼びます。
この反応は、身体が正常な働きを取り戻す為に体内に蓄積されている有害物質を排出する為に引き起こされます。
この好転反応は、有害物質が全て排出され身体が正常な機能を取り戻すまで続きます。
好転反応の期間には大きな個人差がありますが、喫煙期間が長い人程長くなるケースが多い様です。
煙草の依存状態から抜け出すのは非常に辛いものですが、身体が健康な状態に戻ろうとしている大切な期間でもありますから上手く乗り越えて行かなければなりません。

スポンサーリンク

禁煙を行ってもこの好転反応の辛さで再び煙草を吸ってしまい禁煙を失敗してしまうパターンは非常に多く見られます。
この期間を上手く乗り越えるにはただ煙草を我慢すれば良いだけの話なのですが中々そうはいきません。
この様な場合日常的に色々な工夫を取り入れる事も大切です。
煙草が吸いたくなれば歯を磨く、飴を舐める等他の事に意識を集中する事です。
そして急激に煙草をやめるのが無理な場合には、禁煙外来を利用し少しずつ依存状態から抜け出す方法を考えてみても良いでしょう。
煙草は非常に依存性が高くやめるのには非常に苦労が必要となります。
しかし完全にやめる事が出来た場合には体が正常な機能を取り戻し健康的な状態へと変化します。

スポンサーリンク